ローカーボでダイエット?

最近話題になっているダイエット食品、ダイエット方法の中に、ローカーボダイエットがあります。1日の炭水化物の摂取量を抑えて、糖分の代わりに脂肪を燃焼するようにするダイエットです。肥満のためにインスリン抵抗性が高くなっている人、また、将来の糖尿病リスクを減らすために、効果的なダイエットといわれています。

とくに日本人の食事は、ごはんやパン、うどんやパスタ、ラーメンに至るまで精白された米や小麦粉を使った食品が多いですよね。そのメインの食材を減らすことは結構きついかもしれませんが、普段から炭水化物が大好きな人はそれらを控えるだけでかなりの効果をあげることができるでしょう。

最初から極端なダイエットをすると、体調を崩してしまうので、自分で健康状態をよく管理しつつ、できる範囲で続けましょう。夜だけ炭水化物を抜くダイエットなら結構継続が楽だと思います。タンパク質や野菜中心のメニューになります。

ダイエット効果を高める炭水化物選びも大事で、なるべく精白されたものを選ばす、玄米や胚芽の入ったものを選べば、それがダイエット食品になります。もちろん食べる量に気をつけないといけませんが、ごはんなら玄米のほうが腹持ちもよく、栄養もたっぷり入っていますのでおすすめです。