お菓子もダイエット食品になる?

ダイエットしているときに、どうしても避けるべきなのが油が一杯で、濃い味つけのスナック菓子です。この事実は変えることができませんが、でも時にはダイエットの息抜きに、ご褒美にこうした食品を取ってもいいでしょう。しかし食べ過ぎは禁物です。お菓子でもいまは小分けパックになっているものが多いですから、食べ過ぎないように小分けになったものを選ぶべきです。

もしくは、もともとあまりカロリーがないとか、しっかり繊維やビタミンを補給してくれるもの、ポリフェノールを含むもの、噛み応えがあって腹持ちをよくするもの、満足感があるものを選ぶといいでしょう。日本のおつまみとしておなじみの干しイカや梅、それからこんにゃくゼリーもカロリーが低く、結構お腹にたまり、便秘予防になるのでおすすめですし、チョコレートもカカオ含有量が多いものなら、そしてナッツなどもつまむ程度ならダイエット食品になり、美容にもいいのです。

スナックバーも繊維やビタミン、ミネラルが一杯なタイプ、朝ご飯にもなるシリアルバー、そしてシリアルもなるべく様々なもの、ドライフルーツなどが入っている甘くないタイプを選べば、充分ダイエット食品として成り立ちますので、しっかり食品を選ぶ目を磨くといいと思います。